blog

ブログ

千葉一宮サンライズP消滅の危機が瀕しています!!

2010/02/12/day
今、私たちサーファーや地域住民の大切な海そのものが悲鳴を上げてます。
テトラポット投入により、砂浜の後退防止効果も無く、波まで奪ってしまう工事が行われようとしています。
その工事とは、通称ヘッドランドと呼ばれる人工岬です。
過去行なわれた何箇所かのヘッドランドを工事の結果から、「砂浜の後退防止効果が無い」と工事関係者が認めた工事を、
ヘッドランド6号で、予算消化のためにと着工してしまいます。
2010年1月30日、ヘッドランド6号に、初めの基礎部分の石の塊が投下されてしまいましたが、今ならまだ間に合います。
どうか未来の子供たちのために、見るも無残な海岸にしないでください。
 
一宮海岸侵食対策事業に対する対応窓口ー
・名称:一宮の海岸環境を考える会(仮)
・代表:小松直之(一宮町住民)
・問合わせ先:電話を現在設置中(2/11位)
・メールアドレス kaigan@marvelous-jp.com

以上